トゥルキスタン夜話

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 「火垂るの墓」見て鬱になった…byトルコ人 | TOP | トルコ人てサムライになれるの? >>

2009.10.09 Friday

セルカン・アニリール

0
    やっと世間が私に追いついたようなので(笑)、実名を出そう。

    3年前に書いたこの日記で言わんとしている人物は「彼」です。

    トルコ語で検索ができる人間にとって、嘘を見破るのなんか簡単だっつーの。
    すでに2006年の時点で見抜いていた己の慧眼に幸あれ。

    (日付からもわかるとおり、あの日記は某国大使館での宇宙エレベーター出版記念パーティーに出席したときの体験を書いたもの。坂本龍一とか相川七瀬が見事に心酔っぷりを披露してたっけw後者に関してはバンギャ衣装で闊歩してたのをナマで見た。いわゆる全身黒のゴスロリ系で編みあげブーツのようなレースソックス、髪はピンクだったと思う。「彼」と友人であることが大変自慢なご様子だった。自分の日本におけるネームバリューがむしろ利用されていることも知らず、「天才宇宙飛行士様が、不良な私のお友達になってくれてうれしいな♪」という感じ。彼女はタンスの万引きをHEYHEYHEYで告白して世間の顰蹙を買い、人気が大失墜、もうほとんど忘れられている頃だったからだと思う。つまりセルカンのような高尚な友人とつながっていることが、犯罪者イメージがついた自分のイメージアップになると信じていた印象。「友達なのー!」「仲いいのー!」と会場内でアピールしていて、色々な意味でお気の毒だった。)


    参照
    http://blog.goo.ne.jp/11jigen


    NOT:
    このパーティーの後、しばらく「私と同じく嘘に気付いた友人」との間で「セルカンごっこ」が流行ったものだ。

    それはメールの後に署名をする時、「ソルボンヌ大学客員教授にしてソウル・オリンピック棒高跳び金メダリスト○○(名前)。ちなみに2004年エジプトにてツタンカーメンの義母の墓を発見しましたが、私のキャリアにとっては小さなことです」「ゴルバチョフの主治医にして、本業はF1レーサーの○○です。先日マリアナ海溝での海底地質調査から帰ったばかりでまだぼ〜っとしてます」「天才ピアニスト兼スーパーモデル。その正体は国際的スパイ、コードネームはイスタンブールの真珠。ヒッタイト語に堪能。拉致被害者奪還のため暗躍中」とかズラズラ法螺を書くという遊び。
    馬鹿馬鹿しいけど、やってみると、とっても楽しいから、おススメ♪
    誰でも宇宙飛行士気分が手軽に味わえます(笑)

    コメント

    どういうディテールから、
    例の「若き大天才スーパー研究者」の
    「経歴バブル大爆発」というか
    誇張が分かったか、というのが知りたいな。
    2009/10/30 8:37 AM by anon
    恐れ入りますが、足がつくから嫌です。
    そういうことを説明していると私の「正体(実名、職業等)」がセルカン側をはじめ、分かる人にはわかってしまうのです。
    ブログ訪問者を満足させるために、社会生活を破綻させるつもりはありません(笑)

    否、最終的にはあるのかもしれませんが「たかがセルカン」でそれをするのはご免です。
    もしやるなら、もっと大物を狙いたい。

    色々コメントありがとうございました。
    どうぞ、お元気で。
    2009/10/30 1:56 PM by 蜜月
    ディテールもなにも、あんなもん誰が見たってハッタリだと思うんだが...
    2009/11/14 3:26 PM by shosho
    コメントありがとうございます。

    お言葉ですが、昔は私が言葉を尽くして周囲に説いても、誰も信じてくれなかったんですけど…。
    かえってこちらが「他人の才能を妬んで誹謗中傷するウソつき」呼ばわりされました。
    私のトルコ語能力に疑問があるとおっしゃる方もいました。
    だから「誰が見たってハッタリ」とおっしゃるのには、少し違和感あります。
    当時の日本人はほぼ皆信じていましたよ、あの荒唐無稽なハッタリを。
    私はセルカンのことは忘れても、その人たちのことを一生忘れないでしょう(笑)
    2009/11/15 11:24 AM by 蜜月
    見る人が見ればわかることだったのでしょう、
    セルカン氏の正体は。
    でも、セルカン氏は「夢を与える人」という
    イメージだったから、蜜月さんのセルカン批判は
    嫌われたことでしょうね、それは容易に
    想像できます。
    今にして思えば、セルカン著「タイムマシーン」という本に書かれている内容が、詐欺師人生の本質をあらわしていると思う(立ち読みであらすじだけ読んだ)。タイムマシーンの発明を目指す騒動で、トルコのテレビ局の取材を受けるセルカン少年。真実の探求よりも、まわりを感心させることや、注目をひくことの方が大事だったのだろうと思う。
    2009/12/05 8:49 PM by 通りすがり
    私も、中傷されましたよ…
    言われ放題だったけど、私の場合、「彼はウソツキだ」という明確な根拠を示せずトルコ語能力には最初から問題があったので、今は何を言っても無駄だな…と思って、耐えました。

    私も、セルカン氏なんか既にどうでもいいですが、心酔してた彼女たちの事は、忘れません…
    2009/12/06 11:05 AM by sonbahar
    >通りすがりさん
    お返事が遅くなってしまってすみません。
    そうですね、心清き日本人に夢を与える人ではありました。
    私自身、彼のカリスマ性には全くかないません(笑)

    しかし、同時に彼はある種の人格障害で、「治療」は大変難しいと思います。
    「タイムマシーン」がフィクションなのであれば、今後そういう方面で「のみ」活躍するにあたりなんの制限もないわけですが・・・どうせ彼のことだから、永遠にとんでもない嘘を吹聴しそうな気がします。

    コメント、ありがとうございました。
    2009/12/15 11:28 PM by 蜜月
    >sonbaharさん

    貴重なコメントありがとうございます。

    私も経験済みの「あの」憤懣ににじっと耐えたのは、さぞやお辛かったでしょう。
    しかし、タイミングを狙う(獲物は弱ったら尻からかぶりついて倒せ)、というのは処世術として重要なことなので、孤軍奮闘なさってつまらぬ怪我をなさらなかったことは、幸いだと思います。

    数多の女性…、心酔者…、遠山大臣…、嗚呼、彼女たちは今、何を思っているのでしょうね?
    ま、少なくとも私は「善意」の人々に同情なんてしませんけど(笑)

    私はまだセルカンに興味アリです。
    セルカン本人の処遇もさることながら、こう言った詐称や剽窃、日土両国の公金の騙し取りといった反社会的行為がまかり通る現状に思いをはせ、憂国?の毎日です。
    2009/12/15 11:38 PM by 蜜月
    こんにちわ
    今日セルカンを漫画喫茶のドラゴン桜(16)で知って「へ〜世の中には頑張る人もいるんだな〜」と思って
    家のPCでググッたらここに来てしまった者です笑

    よく考えたら最先端の物理理論とかオリンピックとか
    宇宙飛行士とかなんて中二病患者の典型的症状ですよね
    まさかいいおっさんがそんなことやるなんて思わないものだからつい・・笑

    大体あんな理由で宇宙飛行士になれる訳ない
    肉体的、精神的に辛い訓練に日々必死で耐えてる飛行士たちを思うと・・
    ・・あれ何かむかついてきた笑


    クヒオ大佐詐欺事件を思い出しました。嘘は大きければ大きいほどばれない。見事に証明されましたね。

    ただ問題は関わって騙された日本人が「無かったこと」にしたがる事です。確かに恥ずかしいのはわかりますが情報リテラシーの絶好の例だと思うので是非当事者には経験を語ってもらいたいです
    2010/01/22 5:11 AM by turkey fake
    どこの時代にも、どこの国にも、虚言癖、誇大妄想、詐欺師は存在しますが、こともあろうに、そういう人物が某国の「もっとも権威ある大学」とみなされているところから博士号を得たり、そこの教員になる、ということが信じられません。

    今、もっとも関心があるのは、セルカンの面倒をみた某教授の処遇と去就です。「厳重注意」ぐらいにはなるのでしょうか。
    2010/03/12 5:25 PM by おじさん
    2011/02/18 3:23 PM by おじさん
    通りすがりのものですが

    >おじさん
    某教授はセルカンの研究なんぞ見てませんよ…ほぼまったく内容を把握してないと思います

    私の知ってる人は、セルカンのD論の協力をしてましたが
    本人のやっていた研究を剽窃された挙句、それを某教授に訴え出ても聞き入れてもらえなかったそうです
    あげくその人はアカポス難民…
    2010/03/26 11:51 AM by とおりすがりですが
    URL先によると書き込めなかったそうですので転載します
    --
    「某教授に訴え出ても聞き入れてもらえなかったそうです」ということですが、
    M教授のことならば、M教授の懲戒処罰を検討している今こそ、そういうことを当該学部長などに報告していただきたいと思います。
    2010/04/17 10:19 AM by Nanashi_et_al.
    2011/02/18 3:25 PM by Nanashi_et_al
    管理者の承認待ちコメントです。
    2017/06/25 10:12 AM by -

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.turkistan.moo.jp/trackback/1031879

    トラックバック

    ウソで塗り固めた人生はともかく個人的にはその周囲の善意の人のほうに同情する。
    東大の助教授でオリンピックのスキー選手で宇宙飛行士のアリニールセルカンさん(ト...
    (Web屋のネタ帳 2009/10/11 7:02 PM)

    ▲top