トゥルキスタン夜話

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< セルカン・アニリール | TOP | 二度目の奈落 >>

2009.10.11 Sunday

トルコ人てサムライになれるの?

0
    ト天才セルカン・アニリールさんがトルコで御本を出版なさいました。
    おめでとうございます!
    http://kitap.antoloji.com/turk-ten-samuray-olur-mu-kitabi/
    題名は「トルコ人もサムライになれるの?」

    答えは勿論YES!
    セルカンさんは自らを立派なサムライと自認してらっしゃいます。

    セルカンさんの意味する「サムライ」とは、理性、論理、知識の道すじに沿って、あたかもサムライのごとく困難に負けず、人生という戦いを継続できるかどうか、ということだそうです。

    推薦文から察するに洋の東西をまたいだ活躍が沢山書かれているらしく、それが全く難解でなく、気さくに「僕の経験を君たちも共有してよ!」という大盤振る舞いな調子なので、読者もまるでNASA内に知り合いがいるような気分になれるそうです。

    またまたトルコのテレビ(haberturkのニュース)にもご出演なさったようで、誠に素晴らしいです。

    まあ、昔からトルコ版CNNに出たりしていました方ですから、テレビ出演も当然のプロモーション活動ですね。

    (そのときまだ32歳でらっしゃいましたが、日本で800メートルの高さのビルを設計したとか、「日本宇宙開発局」の10億円プロジェクトであるATA宇宙エレベーター計画を監督しているなどと色々な成功を語ってらっしゃいましたよね!でもCNNに出演したことがあるとCNNのスーパーバイザーである、というのは大きく違う話ですよね?!)


    【Yüzyılın bilim adamı Anılır, başarıyı anlatıyor 】

    32 yaşında Yüzyılın Bilim Adamları Ansiklo-pedisi'ne kabul edilen Serkan Anılır konuk oluyor. Japonya'da 800 metre yüksekliğindeki binaları tasarlayan, Japon Uzay Havacılık Dairesi'nin 15 milyar dolarlık ATA Uzay Asansörü çalışmasını yöneten Anılır, geliştirdiği depreme dayanıklı binalar projesini ve alternatif enerji kaynaklarını anlatıyor.
    Cnn Türk / 22.15

    先生の著書は是非とも拝読しとうございますが現在闘病中で、到底無理なのが残念です;;


    NOT
    こちら、10月8日と9日の女性関係についてのトルコ人のコメント、完全に正しいです。
    私が持っている情報と全く同じ(笑)
    彼はトルコのマスコミ界でも「性豪(土製英語でsexcolic)」として有名でした。
    日本語能力もそのたまものです。

    百人斬りくらいしてたかな?
    さすがサムライと名乗るだけあります(笑)



    NOT2
    この本の推薦文を書いているのは、おそらくトルコの超有名人ジェム・ユルマズ
    坂本龍一商法をトルコでも踏襲する気みたい(笑)

    嗚呼、私は彼の「ホッカバズ」という映画を見て、割と気に行ってたのに…、「お前にはガッカリだよ」と言ってやりたい。

    しかし「精子バンクネタ」は面白かった。


    NOT3
    日本では「ターキッシュ・サムライ」と名をはせている、セルカンさんの記事です。
    自分のテレビ・ラジオ番組を持ち、ソニー、パナソニック、マツダと言った一流企業の技術顧問でもありまます。「東京2050」というプロジェクトを統括する4人のなかの一人です。

    全部訳したいのは山々ですが・・・体力がないのでサムライに関してだけ。

    ―あなたは日本では「トルコのサムライ」と呼ばれているそうですが本当ですか。

    ―本当です。しかし、これは私の実績とは関係ありません。去年研究プロジェクト関連で、和歌山県串本町に出張した際、「インフラフリーハウス」の実現を目指していた無人の小島に上陸したのです。そこは今日まで人が住んでおらず、島の頂きへと続く道は竹で覆われており、天辺に登るのは不可能でした。私は島を地図だけではなく、自分の目で確かめたかったので、日本刀のようなものを手に、竹を切りつつ登攀したのです。その様子を私の学生が写真に撮り、後日、生放送のテレビ番組に送ると、私に対する「サムライ」のあだ名が残ってしまいました。もちろん、冗談としてですがね。

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    無人島に行くにも「日本刀のようなもの」を持ち歩くなんて…。
    銃刀法的にはどうなってるんでしょうか。
    (キルビルにカタナ持って飛行機乗るシーンとかあったけど)

    しかも竹斬りって高度な技らしいのに。
    さすがはおサムライ様。




    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.turkistan.moo.jp/trackback/1032262

    トラックバック

    ▲top