トゥルキスタン夜話

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< セルカンは記憶される(アヌルル) | TOP | セルカン・アヌルル博士号剥奪 >>

2009.11.23 Monday

月にかわっておしおきよ(古)!

0
    トルコでもセーラムーンは昔大人気で、この台詞、トルコ語では「Kutsal ay adına, seni cezalandıracağım!(聖なる月の名において、お前に罰を与えるわ!)」である。
    トルコ語のほうが厳しい感じが出ていて、先生にはふさわしい気がする(笑)

    ま、とにかく、セルカン先生の法的な末路を予測してみたわけである。(現在はっきりしている犯罪だけ)

    彼が犯した公文書偽造罪はトルコで以下の罪に処される。

    Resmî belgede sahtecilik
    MADDE 204. - (1) Bir resmî belgeyi sahte olarak düzenleyen, gerçek bir resmî belgeyi başkalarını aldatacak şekilde değiştiren veya sahte resmî belgeyi kullanan kişi, iki yıldan beş yıla kadar hapis cezası ile cezalandırılır.

    公文書の偽造
    トルコ刑法 第204条
     (1).公文書を偽造した者、公文書を他者を欺くような形に変造した者、又は偽造した公文書を使用した者は、2年以上5年以下の懲役に処する。


    トルコ国外で犯した場合はというと…。

    MADDE 11. - (1) Bir Türk vatandaşı, 13 üncü maddede yazılı suçlar dışında, Türk kanunlarına göre aşağı sınırı bir yıldan az olmayan hapis cezasını gerektiren bir suçu yabancı ülkede işlediği ve kendisi Türkiye'de bulunduğu takdirde, bu suçtan dolayı yabancı ülkede hüküm verilmemiş olması ve Türkiye'de kovuşturulabilirliğin bulunması koşulu ile Türk kanunlarına göre cezalandırılır.

    トルコ刑法総論 
    第11条(1)トルコ国民は、13条に規定する犯罪を除き、トルコの法律により一年以上の懲役に処することとなる犯罪を外国で犯し、かつ、同人がトルコに所在する場合であって、当該犯罪に関し、外国で刑に服しておらず、トルコにおいて訴追することができる場合には、トルコの法律に従い罰せられる。


    ところが、セルカンの犯罪というのは13条(f)に規定する第202条公印偽造罪に相当する。


    MADDE 202. (2) Kamu kurum ve kuruluşlarınca veya kamu kurumu niteliğindeki meslek kuruluşlarınca kullanılan onaylayıcı veya belgeleyici mührü sahte olarak üreten veya kullanan kişi, bir yıldan altı yıla kadar hapis cezası ile cezalandırılır.

    第202条 (2)公的機関または公的性質を有する業務を行う機関により使用される承認または証明のための印章を偽造した者、または使用した者は1年以上6年以下の懲役に処する。

    つまり、トルコ政府は日本政府に対し、犯罪人たるセルカンの引き渡し請求をし、トルコで彼を逮捕できる。
    セルカンがそれを逃れる方法は一つしかないはず。(ココに書いても、書かなくても、それをやりそう)

    本来は以上の手続きが取られてしかるべきのだが、実はトルコ政府が引き渡し請求をするかどうかは、案外「世論」やマスコミの盛り上がりに左右されるところがある。
    今回の場合、被害者はトルコ側ではなく、日本側なのでいい加減に流されることもあり得る。
    ただ、エルゲネコン騒動と絡んで、公文書偽造に対する国民意識が高まれば、どう転ぶかは分からない。

    やはりリンゼイ・ホーカーさんのご両親のように「被害者が騒ぐ」のも重要だ。(窓口はトルコ大使館、内務省、トルコの新聞各社など。大使館は日本語、内務省やマスコミなら英語でメールを送る。)

    ああ、本当は我が国が「月(トルコ)に代わってお仕置き」できればいいのに。6兆円とは言わないまでも、一体いくら税金が投入されたことか…。

    コメント

    >逃れる方法

    簡単ですね、某も3秒で解りました。
    2009/11/23 6:01 AM by あれまあ
    あなた様はことによるとセルカンの盗用画像のオリジナルを次々に暴いた方ですか?
    あの素晴らしい閃きをお持ちであれば、それはもう楽勝かと…。

    ご本人さまであれば大変光栄ですが、そうでなくてもコメントありがとうございます。
    2009/11/23 11:41 PM by 蜜月
    過分なご評価ありがとうございます。某はパクリのネタ元が存在するとの確信があるからこそ検索もその分楽になります。

    三年前に氏の欺瞞を見抜かれていたブログ主には敬意・敬意・再敬意です。体調の回復を祈っています。
    2009/11/24 11:53 AM by あれまあ
    あれまあ、なんて謙虚で優しいお方…。

    なのに、私と来たらこの騒動の始めに、「自分は慧眼」などと自画自賛ブログなんか書いてしまい、かなり恥ずかしいです(笑)
    しかも、色々なところに転載されているので、もう消すに消せず…。

    その後、理系の方々の本格的な調査には、舌を巻いた次第でして、何とか自分なりの援護ができないものかと、ひっそりネタをアップしている次第です。

    時節柄、あれまあ様もどうぞご自愛ください。
    2009/11/25 12:46 AM by 蜜月

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.turkistan.moo.jp/trackback/1040473

    トラックバック

    ▲top