トゥルキスタン夜話

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< シルクロードで「老嬢」と出会う。 | TOP | 老嬢の過酷な生活 >>

2006.03.05 Sunday

ぱん「と」ろん、と言ってます?

0
    日本人が間違えやすいトルコ語、といっても初級〜上級者までいろいろある。
    言うまでもないが、単語を間違える、というのは外国人の最大のチャームポイントなので、どんどん間違えるべきである。
    外国人というのは、テレビの外タレがそうであるように、どうせ、ボケ的なポジションを要求されることが多いわけで、上級者になるにしたがってそういう「おいしい」芸ができなくなるのは、実は悲しむべきことなのだ。
     (ただ、いつまでもボケに徹していては言語は上達しない。どちらかといえば、「ツッコミ」タイプの人間のほうが、言語は上手くなる、と思う。例えば、ボビーオロゴンよりピーター・バラカンのほうが日本語が上手い。バラカン氏は、より頭がよくて志が高いだけかもしれないが、よく見ていると彼は突っ込み型の会話をする人である。そして「ツッコミ」タイプの流暢にしゃべる外国人は、あまりカワユクない。)

    ところで、上級者でも殆ど間違っている単語、というのがある。
    トルコ在住20年の「奥様」だろうが、外交官だろうが考古学者だろうが大学教授だろうが、皆そろいもそろって間違ってくれるので、この単語を言ってもらうと、私は密かに嬉しい。

    それは「パンタロン(ズボン)」という単語だ。
    日本人は誰もが「パンタロン」と発音する。
    トルコ語のパンタロンは実はパン「ト」ロンが正しい。

    あと、「ジェントルマン(紳士)」
    上級者ほど、英語式に「tl」を一気に発音するが、本来ジェンテ「ィ」ルメン。
    はっきり挿入されている「i」の音を抜いてしまう。

    または微妙なところだが、「ケチャップ」
    トルコ人のように「ket+cap」と発音する人には会ったことがない。
    みな、日本語式、もしくは英語式の「ケチャップ」の発音だ。

    ここまででお分かりいただけたように、これらには共通点がある。
    全てトルコ語と日本語に流入した同じ起源をもつ外来語であり、それぞれの国で違う発音に変化した言葉だ。
    トルコ語の単語であれば、全く違う単語を一から覚えるので間違えないが、ケチャップやパンタロンなどという馴染みある単語は、「ああ、それ、日本語にもある奴だ」と受け流してしまう、誰かに指摘されでもしない限り自己流の発音になってしまうのである。

    最後のケチャップは「細かいわい。何が違うの!」と思われるかも知れないが、このケチャップが上手くいえない人はトルコ語で「マクドナルド」とか「カルフール(フランスのスーパー。日本ではコケてるがトルコでは大当たり)」と発音するのが下手なはずだ。
    法則が見えてないからである。

    日本語は単語が全て母音で終わる、という奇妙な言語なのだが、トルコ語はむしろ、子音で終わるほうを好む言語だ。
    (この意味で、トルコ語は日本語よりも、多分韓国語により近いのだと思われる)
    だから音節が子音で終わると、彼らは「気持ちいい」のである。
    綴りにしてしまうと同じだが、彼らが気持ちよく発音できるように音節が変わっている単語、というのは案外多くて、それがびみょーな発音に現れるのである。

    トルコ語に流入した外来語はトルコ人の言語感覚に適合した形でどんどん姿を変えるし、日本語のように法則がはっきりしていないので(日本語はとりあえず全ての子音の後に母音をつけていけばいい)結構難しい。
    さらには、辞書に載ってないような新しい単語、ブランドの名などの固有名詞ともなると、耳だけが頼りだ。
    突っ込み型のトルコ語学習者は気をつけなければならない課題だと思う。
    ただ、最近はトルコ人のなかでも「外国訛り」を自慢する人も多く、原語をそのまま発音することがカッコイイ!というような風潮もあるので、ま、あまり気にしなくてもいいことかもしれない。
    私は…面白半分に厳しくチェックしていますが(笑)

    21:20 | トルコ語 | - | trackbacks(0) | - | - |

    この記事のトラックバックURL

    http://blog.turkistan.moo.jp/trackback/273903

    トラックバック

    ▲top