トゥルキスタン夜話

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 「R」と「L」のカルケドン | TOP | 老嬢はヨン様を愛す。 >>

2006.07.18 Tuesday

嘘つきな海亀は、嘘が嫌いだ!

0
    私も実は、嘘が嫌いだ。
    正直、いい年をして、子供の「澄んだ心」から発せられるべきこんな言葉を口にするのは、とっても恥ずかしいのだが、本当に嫌いなので仕方がない。
    実生活においては清濁併せ呑む老獪さを装って、スムーズな社会生活を心がけてはいるので、勘弁してほしいのだが・・・でも、やはり実は、嘘が嫌でしょうがないのだ。(よってここに記す。嫌いだ!大嫌いだ!)
    私の腐った心に、このような雪片のごとき潔癖さが残されているということ自体驚くべきことといえよう。

    否、むしろ嘘に「弱い」といったほうがいいかも知れない。
    嘘はまるでスズメバチの毒針ように私に刺さり容易に抜けず、恥ずかしさという毒で脳波をゆがめる。
    そして、なにやら知恵熱が出て、ついには寝込んでしまうのである。
    まるでアナフィラキシー・ショックだ。(大げさかもしれないが、これは生死にかかわる問題だ。確実に「本日の死にたい度」がアップするのだから。)
    こういう生体反応を繰り返すうちに、私は嘘を憎むようになってしまった、のだろう(よって、別に心が澄んでるわけではなし。)
    嘘はどこから降ってくるかわからないので避けようがないし、知恵熱が出るとほかのことが手につかなくなる。
    まったく私にとって避けようのない厄災でしかないわけで、倫理的な理由ではなく、実利的な理由から、嘘をついた当本人を憎む、というメカニズムが私のなかに確立されているわけである。
    (勿論、憎悪と侮蔑にくらくらしながら、表面上は仲良くつきあいますv)

    ところで、嘘をつきやすい「土壌」というものがこの俗世にはある。
    要は嘘をつくことによって「利益がたくさん得られる」&「その嘘が容易にバレない」、という黄金コンビが成り立つ土壌では人はより嘘をつきやすくなるのだ。
    嘘つきさん達にとっての、そんな理想郷がどこにあるのか?

    答えは「異国」だ。

    外国ではあなたが何者か問われない。
    あなたは一切の過去を持たない。
    そして、外国に居る99.99%の人間はあなたの嘘を検証する「能力」がない。
    そして、嘘があなたを豪奢に修飾すればするほど、皆がやっきになってあなたをちやほやしてくれる。
    だから嘘は大きければ大きいほどいい。
    あなたの脳は「母国では決して得られなかった」快楽物質に溢れるだろう。
    その多幸感に麻痺しながら、あなたはどんどん嘘を重ねる。
    永遠にバレないのだから、その嘘はもはや真実同然だ。
    虚実の間になんの違いがあろう?誰が不利益を蒙ろう?

    ・・・と、言うわけで在外日本人社会&在日外国人社会というのは潜在的に「嘘ついたもん勝ち」な側面を持っているのである。
    中でも最もポピュラーな嘘が「年齢詐称」「経歴詐称(出自詐称)」と言う奴だ。
    この手の嘘は本当に99.99%の一般市民にはバレようがない。
    誰がそいつの母国まで行って、(もしくは海外クルーが日本まで来て)徹底的に調べるというのか?
    海運王クラスの大物でもない限り、そんな予算はどこからも沸いてこない。

    ところで、私は0.01パーセントの「嘘がバレる可能性」を残した。
    それは「その嘘を裏側から眺められる可能性を持っている人間(=検証能力がある人間)」が存在するからである。
    「嘘を裏側から眺める」には、要は当人からインプットされる情報以外の情報網を持っていればよろしい。

    例を挙げよう。
    たとえば、ボビー・オロゴンの年齢詐称が最近ではまあ有名だ。
    で、彼は「大学」も出た「エリート」ということになっているのだが、こっちもひょっとしたら嘘かもしれない。
    日本に漂着した一ナイジェリア人の年齢や学歴を「検証」するなんて、普通の日本人にはまず無理である。
    しかし、ひょっとしたら在日ナイジェリア人で彼の幼馴染だったりする人はそれがわかる、かも知れない。
    日本人の中には、ナイジェリアの事情に堪能で、ネット上の膨大な情報のなかからボビーの出自来歴を探し出せるような人も一億人の1くらいの確立で居るかもしれない。
    彼らは同じ事柄に関する、ボビー本人以外の情報源を持っているわけだから、検証能力を有するのだ。

    それはまるで99.99%「二次元(平面)に住む人」ばかりの世界で、「三次元に住む人」にだけ裏事情がわかる、かのようであり、ある島から出たことない陸亀にはわからぬ事情が、泳いで隣の島まで行ける海亀にはわかる、ような状態だ。

    私はナイジェリアに関しては完全に「二次元の人」だから何もわからない。
    (そしてとっても幸せである!!!)
    ところが・・・某国に関しては双方向的に「海亀」なのだ。

    かくて某国では、日本人が放つ大小さまざまな毒針が私に刺さっていた。
    海外で年齢詐称する「女優」!
    日本の架空の大学の大学教授だということになっている無職の老人!
    東大卒だと吹聴して澄ましてしている、高卒(三種採用)の「外交官」!
    パチンコ屋店員だった履歴がそのままフィニッシング・スクール(洋風花嫁修業)通いに書き換えられている似非セレブ女!等々。
    刺客はいくらでも潜んでいて、不意をつかれては「う!」っとなり、ショックでひくひくしながらも某国の一般市民の皆様にはそいつの嘘がバレぬよう気遣う・・・という「大人」な対応を強いられてきた。

    そして、日本にいると、今度は「某国側」からの毒針にさらされるのである・・・。
    幸せそうな陸亀様たちのなかで、一人ひっくり返って口から泡を吹き、手足をバタバタさせている無様なわたくし・・・。
    そして最も気に入らないのは、私のその煩悶が「嫉妬している」と見られがちだということ。
    「あなた、妬いてる?ひねくれた人ってかわいそうね。」と「二次元の日本人」は私の柔らかな腹をヒールでぐりぐりしながら踏み越えていく。
    水銀のごとく重い悔し涙の向こうに、同じく毒針にやられた風情でよろめいた別の人影が見える・・・。
    なんなんだこの茶番は!

    (いや、こんな小さな棘に拘泥してはならないのだ。単なる収益率の問題なのだから。いい加減、毒に慣れねば。)

    ・・・そして私は寝込んでしまう。海底にうずくまり闇を吸う泥よりも深く。目覚めた時にはまたひとつ、夢が密かに壊れている。

    コメント

    こんちは。
    期待して読んだけど、このエントリーでは
    誰の事を言ってるかヒントさえも入ってないのでは?
    2009/10/30 8:33 AM by anon
    そう、ヒントはいれていません。
    「表面上は仲良くつきあいます」と書いている私の立場をご推察ください。

    ただ、当時これを読んでいた友人たちは、誰のことを指して書いたのか、すぐにわかってくれました。
    私としては「内輪受け」で良かったわけです。
    ブログは私的なものであり、不特定多数を満足させる新聞や週刊誌ではありませんので、悪しからず。
    2009/10/30 4:11 PM by 蜜月
    ウソツキがウソをついているのを黙視するのは、ウソツキに協力していることにならんのですか?
    2009/11/15 2:44 AM by ウソが嫌い
    コメントありがとうございます。
    「嘘つき」な海亀は嘘が嫌いだ、というタイトルをつけたくらいですから、私も自分がウソつきでないとは思っておりません。

    同時に「悪いと知らずに悪事を働くのは、知った上で悪事を働くより罪が重い。無知という罪に悪事の罪を重ねているからだ」と信じております。
    2009/11/15 11:38 AM by 蜜月
    昨秋から話題になっていたことは知っていましたが、本日タルカンの新聞記事を見て、このブログに辿り着きました。
    でもあなたのような聡明な人が、なんでトルコに拘わったか謎です。
    なにせトルコ人の国民性は良くない(いっけん人懐こいが、気性が激しく暴力的・男は極端なぐらい女性にだらしない・男は働かない・アルメニア人虐殺否定・嘘つきで人を騙しても平気)ですからねぇ。
    それと某国在住の日本人女優って、一発で誰か分かりました。先月録画したBSの某国旅行案内番組で、彼女がナビゲーター役で出演したのを一昨日見たもので・・・。
    しかしあの日本人の中年女優は、年齢非公表だそうですが。
    2010/03/06 12:36 PM by レスは不用です
    2011/02/18 3:31 PM by レスは不用です

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.turkistan.moo.jp/trackback/411665

    トラックバック

    ウソで塗り固めた人生はともかく個人的にはその周囲の善意の人のほうに同情する。
    東大の助教授でオリンピックのスキー選手で宇宙飛行士のアリニールセルカンさん(ト...
    (Web屋のネタ帳 2009/10/11 7:02 PM)

    ▲top