トゥルキスタン夜話

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 妬心は蜜色。 | TOP | 4分間のピアニスト >>

2009.03.10 Tuesday

ああっ、毬谷さま。

0
    先月、「桜の森の満開の下」をスカパー見て、毬谷友子の素晴らしさに改めて感動!
    昔持っていた毬谷友子写真集(なんとサイン入り!女優の、ではなく写真家の、なんだけど…)を古本屋に売り払ったことを激しく後悔!
    ネットで探索するうち、本人の公式サイト発見!
    2月24日の舞台を見にくぞ、と心に決めたが、見事に寝坊(笑)!
    そうこうしているうち、ご本人「笑っていいとも」御出演!
    念が通じた、必ず見るぞ!っと思っていたのに、昼時にそんな番組見る習慣がないため、すっかり忘れる!

    がっかりしつつ、本人ブログを覗くと雰囲気がとても変…なにか不穏なにおいがする…。

    調べてみて、やっと理由がわかった。
    生放送で放送禁止用語を言ってしまったらしい。

    で、私は同じような悪癖を抱えていた身だから同情するかと思いきや…これができないんだな〜。
    その映像を見たら、この突発的な毬谷熱がちょっと冷めてしまった…。
    http://www.youtube.com/watch?v=18xk_103ljk
    つまり「ひいてしまった」のだった。

    やはり、女優は一旦他者の幻想をその身に引き受けたからには、うっかりボロをだしてはいかんのですよ。
    しかも「年寄り」がそういう言葉を口にするのはオールド・パンク!どころか、不愉快なまでに時代遅れな、許容しがたい雰囲気が漂うことを発見。
    ぶっちゃけ、加齢臭、がするのである。

    なぜなら今のワカモノはそういう言葉自体を言わず、聞かず、知らず、だから。差別意識なき「差別語」の無意味な言葉狩りとか、そういう高次の日本語問題以前に、一定世代以上しか使わない言葉をつかってしまったら、やはりどう転んでも「ババクサく」なるのは避けられない。
    言葉というものはそういうものだ。
    この言葉が差別語かどうかは知らないが、もうこの言葉は「老人語」である、というのは断定できる。
    知り合いのM氏(74歳。立教出身。ジャズとアメリカ大好き)もやたらとよく使うし。
    毬谷友子同様、本人的には「やんちゃコトバ」っぽく使っているつもりらしいが…。
    どう思われるか自覚できない、そのこと自体が老化なんですよね…。

    (しかし、舞台ってのは放送禁止用語をばんばん言える+聞ける楽しみっていうのもあったはずで、舞台上では別に「年寄りが差別用語をホザきやがった!」的な感想をもったことはなかったのに、テレビだとなぜひいてしまうのだろう。我ながら不思議だ。そういえば、友人キキキリンの日本アカデミー賞受賞コメントも酷過ぎて、イラっとした覚えがある。舞台からリングの貞子が這い出してきてもなんともないけど、テレビから這い出すと気持ち悪い、って感覚だろうか。非日常を求めて舞台を見に行っている時はいいけど、自分の部屋に一方的に老臭を放つ逸脱を展開されるのは勘弁、なのかも。)

    私自身も公にした文章内で「片手落ち」やら「障害者」といった「差別用語」を直されて激怒したこともあるのだが、そういう言葉を垂れ流す人間は、老若男女を問わず、決して美しく見えない、ことを再確認。
    毬谷友子ですら無粋に見えたんだから、私なんぞがやっちゃダメダメだ!

    いやしかし、孤高の女優であるあなたはいつまでも超絶技巧の舞台キチガイでいてください。


    NOT:
    ま、こういう批判ができるのも、例の悪癖をブログに書き、さらに「アビエーター」という映画を見て以来、放送禁止用語を発する、という癖から、「文章の最後を際限なく繰り返す」という癖に移行してしまい、「アレは卒業」に近いから言えるのかもしれない。

    で、公表すると悪癖は治るらしいので、また書いとく。書いとく。書いとく。書いとく。書いとく。書いとく。書いとく。書いとく。書いとく。書いとく。書いとく。書いとく。書いとく。書いとく。書いとく。…


    NOT2:
    そういえば、青春のアイドル(笑)、戸川純も「笑っていいとも」生放送でうっかり乳首だしてしまってなかったっけ??
    やはり天然でシュールな人々は生でテレビ出しちゃダメなのでは…。

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.turkistan.moo.jp/trackback/974243

    トラックバック

    ▲top